Lilly

Lillyが目指す未来

私たちの目標は、オーラルケアによって一人でも多くの人の健康を守ること。

歯が人の容姿に影響を与えることは当然ですが、実は健康にも大きく関わっています。

口内を清潔に保っている人の方が、そうでない人より健康である確率が高いということは厚生労働省のウェブサイトにも公表されています。

歯周病は口内の健康をむしばむ原因の一つですが、それだけでなく肺炎・脳梗塞・糖尿病などを誘発する万病のもとです。
しかし、日本人は30代以上の3人に2人が歯周病だと言われています。

Lillyはそんな世の中を変えたいと思い、電動歯ブラシの定期便サービスを始めました。

電動歯ブラシの定期便は一手段

Lillyが提供する電動歯ブラシの定期便は、「オーラルケアによって一人でも多くの人の健康を守る」ための一手段にすぎません。

歯科医院での定期検診を受けやすい仕組みづくり、日頃からの情報発信などにも力を入れ、私たちの目指す社会を実現します。

歯に対する意識の薄い日本人

専門家の試算では、歯の資産価値は3,000万円です。
定期的に歯のメンテナンスを行っている人は、65歳時点で年間15万円の医療費の節約になるというデータもあります。

長寿の国として知られる日本ですが、歯に対する意識は低いです。
80歳の平均歯数は13.9本、健康維持のためのノルマである20本以上の歯を保っている人の割合は38.3%しかいません。

歯を大切にすることは、健康とあなたの幸せな人生を守ることにつながります。

なぜ電動歯ブラシなのか

電動歯ブラシを推奨している理由は、その圧倒的な歯垢除去力にあります。

ブラッシング時の振動数を比較すると、手磨きでは平均で毎分300回の振動が、電動歯ブラシでは毎分39,000回の振動を起こすことが可能です。

またLillyの超音波ブラシは、音波で水流を起こすためブラシの毛先から周囲2mmの接していない部分の汚れまで落とすことができます。

なぜ電動歯ブラシの"定期便"なのか

歯科医師が推奨する歯ブラシの交換頻度は1ヶ月に1回です。

しかし、日本人の約46.9%の方が同じ歯ブラシを1ヶ月以上も使用しているというデータがあります。

では、なぜ多くの人が歯ブラシを1ヶ月に1回交換しないのか、独自に調査をしたところ「買い替えるのを忘れる」と回答した人がたくさんいました。

そこで、Lillyはお家まで替えブラシを手間なく届けるサービス「電動歯ブラシの定期便」を始めました。

代表挨拶

ここまでご覧いただき、ありがとうございます。
Lilly代表の秋山と申します。

僕は、大阪府八尾市に在住の大学2回生です。(2020年11月現在)
現在は、大学を休学しこの事業に専念しています。

実は、僕の住んでいる八尾市は歯ブラシの生産量が日本一で、今回のサービス立ち上げにも大きく影響しています。

最寄りの近鉄八尾駅には歯ブラシのオブジェが建っており、小学生の頃には社会見学で歯ブラシ工場へ行った経験もあります。
今思い返すと昔から歯ブラシが身近にありました。